フランス料理の起源【クレームブリュレ】

フランス料理の起源【クレームブリュレ】

クリーム・ブリュレとは?

クレームブリュレ(フランス語:Crème brûlée)は、カスタードプディングと似たデザートである。フランス語で「焦がしたクリーム」という名称のとおり、カスタードの上面には、砂糖をグリルやバーナーで焦がした、硬いカラメルの層が乗っている。通常はラメキンの皿に卵液を流し込んで調理し、固まったカスタードの上に砂糖をふりかけて焦がし、器のまま冷して供される。

クレームブリュレのカスタードはクリームと卵黄から作られるため、普通のカスタードプディングよりもねっとりと柔らかく、濃厚な味わいに仕上がる。通常はバニラ味であるが、チョコレートや酒、フルーツ等で味付けしたものもある。また、客の目の前でカスタードに振りかけた酒に点火し、フランベしてカラメル層を作ることもある。 クリームブリュレと呼ばれることがあるが、正しくはフランス語読みのクレームブリュレである正確な起源は分からないが、フランソワ・マシアロ(François Massialot)の1691年の料理書にレシピが初出する。この本の英訳版でも、フランス語名がそのまま使われた。

しかし、1731年に出版されたマシアロの『宮廷とブルジョワジーの料理』(Cuisinier roial et bourgeois)では、同じレシピながら名前が「クレームブリュレ」から「クレーム・アングレーズ」(crème anglaise)に変わっている(現代のクレーム・アングレーズはカスタードソースである)。18世紀初期には、このデザートは英語で、フランス語の名称の直訳からバーント・クリーム(burnt cream)と呼ばれていた。

イギリスでは、クレームブリュレは地域によって「トリニティ・クリーム(Trinity Cream)や「ケンブリッジ・バーント・クリーム」(Cambridge burnt cream)と呼ばれていたように、ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジで紹介されたとされる。しかし、イギリスにもっと早くから伝わっていたとする料理書もある。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フランス料理の歴史【ルネッサンス】

フランスの地方料理【ポワトゥー=シャラント地方】

フランスの地方料理【ペイ・ド・ラ・ロワール地方】

フランスの地方料理【アルザス地方】

フランスの地方料理【ピカルディー地方】

フランスの地方料理【ノルマンディー地方】