知っておきたいパワーストーンの浄化方法5選

パワーストーンの浄化法

定期的にエネルギーのクリーニングとパワーチャージを行うことで、石本来のエネルギーを保つことできます。私たち人間も愛され、大切にされると元気になるように、パワーストーンも大切にしているとどんどん輝いてパワフルになっていきます。そんなパワーストーンの浄化方法を5つ紹介します。

スマッジング

香りで浄化する方法です。セージの浄化力は強力で、短時間でネガティブな波動を除去できます。煙が苦手な場合は、セージ自体に強力な浄化作用があるので、セージの上に石を置くだけでも浄化作用はあります。浄化したい場所には、器に入れたセージを置いておくのも良いでしょう。

スマッジングとは

スマッジというのはsumageで英語で燻す(いぶす)と言う意味です。乾燥させたホワイトセージや樹脂などを燃やし、その煙で浄化を行います。ネイティブアメリカンも儀式の時に行う浄化方法で、石だけでなく空間の浄化や煙を浴びれば体の浄化もできます。

スマッジングの効果や目的

スマッジングはパワーストーン浄化に限らず日常の様々な場面にも効果的です。お部屋の掃除をした後の空気の浄化やヨガやセラピー前の気持ちの落ちつけたり、1日の終わりのリラックスタイムなどに最適です。煙を使う浄化なので浄化されたかどうかとは目に見えません。ですので感謝を込めて定期的に行うようにしましょう。

スマッジングにはホワイトセージ

スマッジングで使われるのは主に「ホワイトセージ」です。バラで売ってるものや「バンドル」と言って紐で束ねられているものがあります。紐で束ねれれている「バンドル」はそのまま使うと、煙が強すぎて場合によっては火災報知器などがなってしまうのでバラの葉っぱを燃やして使うか、「バンドル」をほぐして使うようにしましょう。

器にいれて燃やす場合、専用の器を買うようにしましょう。灰皿のようなものですが、神聖な儀式の浄化ですので灰皿ではなく専用の器を使いましょう。気分的な問題かもしれませんが、灰皿で浄化をしても効果が今ひとつ気分が晴れないと思います。簡単に浄化をしたい場合はホワイトセージの葉を手に持って燃やしましょう。燃やしたホワイトセージを持って部屋の中を回ったり、パワーストーンを煙に当てて浄化をしましょう。

流水

水は生命の源です。鉱物であるパワーストーンを生命力のある水に触れさせることによって、パワーストーンの持つ本来のエネルギーを補充することができます。上から下に流れる水に当てると、石が吸い取ってくれた想念やネガティブエネルギーなどを洗い流すことができます。流水浄化の後は水気を取って日光浴や月光浴でパワーチャージすると良いでしょう。但し、流水浄化に向かないパワーストーンというものがあります。次に上げるパワーストーンは流水浄化に向かないので気をつけましょう!

自然の水で浄化する

自然の水を使う場合、川や湧水など人工的に作られていいない場所を選びましょう!自然の水で浄化する場合は短時間で良いとされています。

あまり流れの強くない、穏やかな川などを探しましょう。石を手のひらにの上に乗せて軽く水に沈め、パワーストーンが芯まで冷たくなるまで浄化させましょう。浄化ができたら濡れたパワーストーンは柔らかい布でしっかりと水気を拭き取りましょう。自然の川などは急に流れが強くなったりするので、パワーストーンを流されないように気をつけて浄化をしましょう。

水道水で浄化する

忙しくてなかなか自然の水があるとこに行くのが難しい方は、水道水でもパワーストーンの浄化はできます。水道の蛇口を少しだけ開き、細く水が流れるようにします。パワーストーンをボウルなどの容器に入れ、流水の流れる下に置き、常に水が流れるような状態で10~30分浄化させます。浄化が終わったら、柔らかい布で水気をよく拭き取りましょう。

インカローズ・エンジェライト・オパール・カルサイト・ターコイズ・ハウライト・フローライト・ヘマタイトマラカイト・ラピスラズリ

水晶で浄化する

水晶自体が浄化作用が強いのでパワーストーンを水晶の上に置くだけで、浄化とチャージができます。日中身につけいたパワーストーンを就寝前に水晶の上に置いて置くと翌朝には浄化とチャージができています。水晶自体は自己活性するのでほとんど浄化は必要ありませんが、もし必要と感じるようであれば流水や、日光浴・月光浴で浄化をしましょう。

水晶クラスター(原石)で浄化する

もっともオーソドックスな水晶を使った浄化方法です。クラスターというのは、先の尖った水腫がたくさん集まって塊となっているものです。この水晶クラスターの上にパワーストーンを置いておくと、浄化だけでなくパワーチャージもしてもらえます。

水晶さざれ石で浄化する

水晶クラスターは塊で大きい分値段も張ります。もっと手軽に始めるなら「さざれ石」と呼ばれる水晶のかけらがあります。これを利用して浄化をします。さざれ石はパワーストーンのお店で1袋1,000円くらいで販売されています。綺麗な器に水晶のさざれ石を入れ、その上にパワーストーンを置いて置くだけで、浄化ができます。浄化させる水晶さざれ石は1ヶ月に数回日光浴や月光浴でパワーチャージしてあげましょう。

日光浴・月光浴

日光浴は光が一番パワフルな午前中がベストです。太陽は全てにエネルギーの根源です。浄化とともにパワーチャージができます。

太陽は炎の塊です。「熱」のエネルギーであり「陽」の気をたくさん持っています。もともと、パワーストーンは陽の光のと届かない地下の奥深くで生まれたものです。日光浴させる場合は長くても3時間程度までにして置いてください。

但し、アメジスト・アメトリン・インカローズ・カルサイト・シトリン・スモーキークォーツ・ターコイズなどのパワーストーンは光に敏感なので乾燥したり、退色する可能性があるので日光浴以外の浄化方法で浄化しましょう。

月光浴はあらゆるパワーストーンの浄化に適しています。日光の「陽」のエネルギーに対し、月光は「陰」のエネルギーを持ちます。特に新月~満月にかけての期間はエネルギーが満ちていくので、満月の時に浄化するのが効果的です。逆に満月から欠けて行くときは、エンルギーが欠けていくのであまりオススメではありません。パワーストーンの中ではアメジストやムーンストーンラブラドライトなどは「陰」の気をもつ物は月光陽を好みます。

また、「名月」などの特別な美しさをもつ月もエネルギーの浄化にはもってこいの日です。さらに「特別な暦」などもタイミングのチカラがプラスされます。「重陽の節句」など節句のタイミングはその日自体に力があるので浄化するには向いています。

毎月1度は満月が訪れるのでそのタイミングで浄化するようにしましょう。

2018年の新月・満月一覧

2018年 新月 満月
1月 1月17日(水)11:18 1月2日(火)11:25

1月31日(水)22:27

2月 2月16日(金)6:06
3月 3月17日(土)22:12 3月2日(金)9:52

3月31日(土)21:38

4月 4月16日(月)10:58 4月30日(月)9:59
5月 5月15日(火)20:49 5月29日(火)23:20
6月 6月14日(木)4:44 6月28日(木)13:54
7月 7月13日(金)11:49 7月28日(土)5:21
8月 8月11日(土)18:58 8月26日(日)20:57
9月 9月10日(月)3:02 9月25日(火)11:53
10月 10月9日(火)12:47 10月25日(木)1:46
11月 11月8日(木)1:03 11月23日(金)14:40
12月 12月7日(金)16:21 12月23日(日)2:49

 

修理による浄化

石の中心に穴を貫通させることで、石のエネルギーを内側からだしています。ブレスレットのゴムを交換することで、その穴をクリーニングすることができ、気の通りがよくなります。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

パワーストーン一覧