客家成功の金言7選

客家とは?

原則漢民族であり、そのルーツを辿ると古代中国(周から春秋戦国時代)の中原や中国東北部の王族の末裔であることが多い。歴史上、戦乱から逃れるため中原から南へと移動、定住を繰り返していった。移住先では原住民から見て“よそ者”であるため、客家と呼ばれ、原住民との軋轢も多かった。この争いを土客械闘という。

中国内の移動・定着の歴史は、およそ6段階に分類され、最初が秦の時代辺りから江西地帯への入植、第2段階が西晋の八王の乱から永嘉の乱にかけて黄河流域の中原や華北の北方住人が長江以南に避難。

第3段階が唐末の黄巣の乱に江西、福建、広東の奥地に南下。第4段階として南宋末期の元軍の侵攻により広東に拡がり、第5段階では、清の時代の領土拡大に伴い、西は四川省、東は台湾に展開、そして最後の段階として、海南島まで南下した。

ほとんどの家に古代からの族譜があり、祖先信仰が強く、風習も頑なに守ってきたため、周囲から隔絶されて発達した客家語には古代の文語がうずもれるように残っている部分があるといわれている。

居住地

主な居住地域は、中国広東省・福建省・江西省など山間部であり、梅州、恵州、汀州、贛州は客家四州と呼ばれる。在外華僑・華人としてタイ、マレーシア、シンガポールなどの東南アジア諸国に暮らす者も多く、華人の3分の1は客家人である。

台湾では北中部の桃園県、新竹県、苗栗県などを中心に居住し、ホーロー人(福佬人と言う場合は、特に福建省に出自を持つことを強調しており、閩北の者に疎外感を与えない様に配慮して言葉を用いている)に次ぐ大きなエスニック・グループを構成している。そのため、公共の交通機関などでは国語(北京語)、台湾語(福佬語)に次いで客家語の放送が行われることが普通である。

また、台湾では世界で唯一の客家語専門テレビ局客家電視台があり、ケーブルテレビ網を通してニュースや文化的な番組を始め、ドラマや娯楽番組などの放送を行っている。

特徴

客家の人々は、周辺に住む他の集団とは異なり、山間部に好んで居住することが多く、独特の言語・文化を持っている。言語は古代の漢族語を今に伝えているといわれる。そのために歴史的に他の集団と軋轢を起こすことも多い。

しかし、少数派であるがゆえに劣勢であるため、中央政権や王朝と良好な関係を保とうとする傾向がある。このような背景から、客家には漢人としての意識が比較的強いとも言われる。

移民の通例として土地の所有が困難であったために流通や商業に従事することが多く、子弟の教育にも熱心なことで知られる。商業の他には教育の高さから教職に就くことが多い。これらの特色から「中国のユダヤ人」などと呼ばれることもある。

客家を含む華僑はユダヤ人・アルメニア人・印僑と共に「四大移民集団」の一つと言われる。客家の多い地域に中国共産党が非常に強い影響力を持った為、客家には共産党勢に加わった者が多かった。

また伝統的な中国人の階級意識において卑しめられることの多かった軍人となった者や、反乱や革命に参加する者も近代以前から多い。そのため、太平天国の指導者である洪秀全や、中国国民党の孫文、中国共産党の鄧小平やシンガポールのリー・クアンユー(李光耀)などが輩出した。

台湾総統の李登輝や映画監督の侯孝賢も出自は台湾に移住した客家であり、タイの首相を務めたタクシン・チナワット・インラック・シナワトラ兄妹も出自はタイに移住した客家である。

客家の成功の金言

第一の金言

【出会いとは決して偶然ではない】

また、この第1の金言には続きがある。それは、《頑張っている人間を必ず誰かが見ている。他人に親切にしても、その人から何か返ってくることはまずない。しかし、その友人やそれを見ている人間が必ずいて、その人間からを与えられる。》といものだ。

たとえば、サイコロを振ったり、コインを投げて裏表を当てるのは、すべて確率の問題で、どのような結果になるかは全くの偶然だ。しかし、世の中といのは、どのような時代でも人間が作り上げるものだ。つまり、人間こそが世の中のすべてといことだ。したがって、あなたに運を運んでくるのはいつも人間であり、不運を運んでくるのも人間だ。だから、自分の運をコントロールするということは、他人とどのように関わるかということだ。

サイコロやコインの運はコントロールできないが、世の中の運は自分の意思でどのようにも変えることができる。その運を変えるために何をどうすれば良いのかを教えてくれるのが《客家の成功金言》だ。

全部で18あるが、そのすべてがこの《第1の金言》と関わりを持つのだ。

第二の金言

【あなあたの周りで起こることは、本来自分が操ることができることばかりだ。
すべては自分の責任である。
もちろん、あなたが両親を選ぶことはできなかったし、どこの国に生まれるかも決めることができなかった。それは、サイコロの目のように神のみぞ知ることである。しかし、この《18の金言》を少しでも理解できる年齢になってからは、偶然はなくなり、人生で起きる出来事は、すべてその人間が引き寄せる必然へと変わる。

もっとも、不運にもこの金言を死ぬまで理解できない人々もずいぶんたくさんいるから、その人々はいわゆる偶然に翻弄されて、納得のいかない人生を終えることになるでしょう。

そしてもう一つ【1日に怒りを忍びて100日の憂いを免れる】
という言葉もしっかり心に留めておいて欲しい。
つまり、一時的な激情に駆られて行ったことは、後々まで後悔するということだ。

また、【商いに成功するものには必ず愛嬌がある】
という言葉もある。

《頭がよい》ことと、他人から《頭がよいと思われる》ことは決定的に違うことなんだよ。

他人から《頭が良いと思われる》ようではまだまだだめだな。
世の中の悪事は基本的に《頭が良い人間》が仕組んだものなんだよ。頭が悪ければ、他人を騙したりする悪事など考え付かない。だから、人間は《頭が良い人間》を尊敬する反面、本能的に警戒心を持つものだ。

だいたいお頭が良いと尊敬されても1円の得にもならない・・・。

第三の金言

【100%確実といことはあり得ない。本当のリスクは見えないので、退却も重要な才能】
分散投資と集中投資

まず投資というものを考えるとき「集中投資」と「分散投資」というものがあるが、あなたはどちらが、より安全で効率的な方法だと思いますか?

一般的には”卵を1つのバスケットに入れるな”と言われるように、より安全な方法だと考えられていますが、それは必ずしも正しくはない。
なぜなら、投資とは予測を立て、その予測が正しいことを前提にお金をかけるわけですから、将来なにが起こるかわからないということで、あちこちに分散投資するというのは、勝負を始める前から負けを認めるようなものだからだ。

「集中投資」を行うときは、その投資が成功するかどうか、徹底的に調べることができる。なぜなら、投資する対象を絞り込んでいるから、1つ1つの案件を丁寧に調べることができる。また、おおきな金額を投資すればするほど真剣に考える。

ところが、「分散投資」をすればするほど、投資対象も広がり、1つ1つの案件に対する研究・調査がおろそかになる。しかも、本当に万が一があった時、限定した対象にだけ投資していれば、その案件に集中できるが、あちこちバラバラに投資していれば、何かが起こった時に気づくのも遅くなるし、対応する案件の数も多すぎて、パニックに陥るのが関の山だ。

第四の金言

【大局・中局・小局。1度始めてしまうと、出来ることはどんどん限られてくる。そこで、何を始めるか考えるために最も多く時間を費やすべきだ】
物事には大局・中局・小局というものがある。

大局とは、行おうとしているすべてを包み込無用なおおきな視野のことだ。例えていえば、戦場で軍事作戦を行うときに、小高い丘の上から、どのような戦術をとるのか指示する大将の立場だ。

そして、中局とは、現場で激戦を繰り広げる兵隊たちだ。彼らがいかに勇猛果敢でも、士官が判断を間違えば、勝利するのも難しいし、まして、大将が判断を間違えれば惨敗は免れない。すなわち、”大局(大将)の判断で、物事が成功するかどうかは決まってしまっているのだ。

言い換えれば、1度始めてしまうと、その後にできることは、時間が経てば経つほど、どんどん限られてくるんだよ。何を始めるかを考えるために、最も多くの時間を費やすべきだな。もちろん、大局の判断を間違えたと思ったら出来る限り早く退却する勇気と知恵も必要だ

第五の金言

【大義名文を大切にしよ。世の中に他人の金儲けを手伝いたい人間などいない。金儲けをしたいだけの人がどれだけ集まっても、ビジネスは発展しない】
 世の中に他人の金儲けを手伝いたい人間などいない。ということはわかりますね。あなたが1億円儲けたいといって、お手伝いしましょうなどという馬鹿な人間はいない。もしそういう人間がいれば、たぶん詐欺師だろう。
しかし、大義名分、日本では錦の御旗という。

大義名分のために、あなたをて助けてくれる人は必ずいる。この大義名分を大切にしなさい。大義名分を根気よく唱えれば、必ず道が開ける。

逆に、《金儲けをしたいだけの人が集まっても、ビジネスは発展しない》そのような人々は、自分が稼ごうという気持ちが先に立って、本音では他の人々に協力しようなどと考えないからだ。

第六の金言

【幸運は突然やってくる。備えを怠るな。準備が整ってない時のチャンスはリスクに変化する。】

そして【時間をおいかけろ。時間に支配されるな。そして、時間に正確に】という金言もそれに付け加える。

ドミナント出店

一般に商業施設には業種ごとにある距離内に一店舗もなければ不便と感じられる範囲があり、また、一店舗当たり一日でさばける商品量には限界がある。さらに、客が店舗に行き着くまでに要する時間(アクセス時間)は交通網の整備いかんによって左右される。これらの要素を複合的にとらえることによって、商圏が定義される。

時には事業協同組合等が仲介して、過度な競争が起きないように業種ごとに一定の距離が保たれることもある。

グループ企業やチェーン店展開を行なっているスーパーマーケットやコンビニエンス・ストア等では、出店する際に集客力を左右する商圏の見地から立地特性の人口・年収・年齢層・主たる家族構成・昼夜間人口・競業他社の有無・交通アクセス・周辺施設等を調査し出店の是非を決定する。

物流
チェーン展開している業種では、POS等の導入によりリアルタイムな売れ筋や客層の動向を把握することが出来ても、孤立店舗では商品輸送等の物流ルートや搬送時間の観点からスムーズに店先に商品を列べるのは困難であり、チェーン展開によるメリットが生まれない。

南関東1都3県を地盤とするイトーヨーカ堂、東海3県と静岡県を地盤とするユニー、関西2府4県を地盤とするイズミヤ 、滋賀県を地盤とする平和堂、和歌山県と奈良県を地盤とするオークワ、四国4県と広島県と山口県を地盤とするフジ、中四国9県と九州7県を地盤とするイズミ(ゆめタウン)等がある。

コンビニエンス・ストア

コンビニエンス・ストア(以下、CVS)の商圏は人口1万人当たり1軒と言われる一方で沿道サービス商業施設の一つでもある。CVSの主たる商品は日用品であり身の回り品であるが、売上の大半を占めるものは弁当等の食料品である。

これら食料品で食中毒等が起きた場合、営業停止は元より企業イメージの失墜を意味するため、配送時間には最大限の配慮がなされている。加えて、小売業の中でも最新鋭のPOSシステムを導入することで遅滞のない物流が期待されている。これを経済的な見知から実現するためには特定地域のみならず特定路線沿線をいわゆる一筆書きで搬送できるか否かにかかっている。

また、フランチャイズ店では本部機構の職員が定期的に視察に訪れることがあり、効率良く各店舗を周回することが期待されている。孤立店舗では行き来に時間がかかり面談や相談などの時間が減るが前述のような一筆書きの行程が組めれば効率良く視察が行なえる。

そのため、物流面・経営指導面の点からCVSは当初からドミナント出店を重視している。反面、地域限定のCVS(北海道のセイコーマート等)や、最大手のセブン-イレブンのように今日においてもエリアによって全く出店していない地域(青森、鳥取、沖縄)があるなど、物流面を確保してから出店しなければならない面がある。

加えて競争の激しいCVS業界では、同一商圏内に存在する競業他社を買収・囲い込み等の手段で吸収したり(例:ファミリーマートによるam/pmの買収)、競業他社の大手フランチャイザーを鞍替えさせる(一気に他のCVSに切り替える。CVSベイエリア、南九州サンクスなど)などの動きもある。
(ウィキペディアより引用)

第七の金言

【細かい約束をきちんと守つこと】

大きい約束を守るのは当たり前だ。たとえば、息子や娘の結婚式に遅刻する親御さんはあまりいないだろう。また、披露宴に仲人や友人として呼ばれた場合にも、時間に正確に会場につくように心がけるだろう。

しかし、ちょっとした会議や、自分が中心になっていない会合はどうだろうか?これくらいは大丈夫かなという気の弛みがちな小さな約束ごとを、相手の立場に立って守ることで、人間としての信頼が積み重なっていくのだ。

重要な約束、大きな約束は誰でも守るから、そこでは大して差がつかない。もちろん大きな約束、重要な約束さえ守れない人間は論外だが・・・。

つまり、小さい約束を誠実に守るかどうかで、その人の本当の信頼性がきまるのだ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。