料理人の為のお金の黒歴史

料理人の為のお金の黒歴史

以前にも書きましたがお金を稼ぎたいと思ったら、お金に愛されることだと書きました。お金に愛されるには、お金を愛すことだとも書きました。

お金を愛するまずはじめはお金の成り立ちを知ることです。

お金の正体は一体なに?

お金を作り始めたのは誰か?

一番初めにお金を創造したの誰かあなたは知っていますか?きっと、偉い人が作ったんだろう、王様や国が作ったんだろうと思っていませんか?実は違うのです。

中世ヨーロッパの時代に一番初めにお金を創造したのは民間の金細工屋です。金細工屋と言うのは鍛冶屋の中で主に金や貴金属の加工、細工に関する仕事をしていた職業の人たちのことです。

ではなぜそんな民間の金細工屋がお金を創造することができたのでしょうか?それは彼らが強固で頑丈な金庫を持ってたからです。

中世ヨーロッパ時代は各地で様々な戦争が日々行われていました。暴動なども各地で起こっていました。戦争や暴動が起きて真っ先に狙われるのは資産です。その資産を金で持っている人は金細工屋で加工をしています。

すると金細工屋の金庫には金がたくさん保管されていることになります。そうなると戦争や暴動が起きると真っ先に標的になってしまいます。そのためとても強固で頑丈な金庫で預かっている金を守っていました。

次第に金細工屋はその金庫を使って勝手にサービスを始めました。それはどのようなサービスか?

みんなの金、うちの金庫で預かります

というサービスを開始したのです。金細工屋は王族や資産家から金を預かるサービスを始めました。みんな資産を奪われたくないので、金細工屋の強固で頑丈な金庫に金を預け始めました。

その時に金を預かりましたよという証書を発行しました。いわゆる「預かり証」です。この「預かり証」を持って来ればいつでも、預けている金を引き出すことができるという証書です。

ここまではいたって普通の便利なサービスですね。しかし、金細工屋はとんでもないことを始めてしまいます。

銀行の始まりは詐欺から生まれた!?

突然金細工屋は詐欺行為を始めました。これまで王族や、資産家の金を預かって証書を発行していた金細工屋が一体どんな詐欺を始めたのでしょうか?

金細工屋はふとこう思ったのです「どうせ金を預けた人たちは、全員が一気に金を引き出すことはないだろう。」と。そこに目をつけた金細工屋は金の「預かり証」だけを発行して、利息をつけて貸し出すようになってしまいました。

利息のついた「預かり証」と言うのは期限までに返さなかったら、「家とっちゃうよ、土地とっちゃうよ。」という条件付きで貸し出すようになりました。利息が発生して、担保が取られている状態です。

でも、この「預かり証」を持っていけば本物の金と交換してもらえるのです。と言うことはこの「預かり証」自体に価値が出てきました。利息があるものは必ず使われます。なぜなら利息がついたものを持っていいても損をするからです。

利息がついている以上それを使って増やして行かないと自分が損をしてしまうのです。それが投資であろうとビジネスであろうと友達に貸すのであろうと。増やさなければならないのです。

こうして「預かり証」は今でいうお金として認識されていきました。「預かり証」には価値があるのに誰も金に交換しない。それをいいことに金細工屋は本当の金1に対して預かり証1の法則を破り、金1に対して「預かり証」を5倍、10倍、100倍・・・・。

と何倍もの量の「預かり証」を勝手に発行し利息をつけて貸し出すようになっていきました。金細工屋の金庫の中は当然金細工屋しか覗けないので、もうやりたい放題「預かり証」を発行できるようになってしまったのです。そして金細工屋の詐欺行為はこれだけに止まらなかったのです。

集団詐欺行為に発展!!

預かっている金の量に対してあまりにも多くの「預かり証」を発行してしまたので怖くなったのであろうか?もしくはこの「預かり証」発行詐欺はいつかバレるとリスクを感じたのだろうか、金細工屋はとある対策を立てます。

それは、色々な国や地域の金細工屋にも同じことをさせたのです。金を預かり、「預かり証」を発行。実際に預かっている金の量を無視して利息をつけて「預かり証」を発行する。その上で詐欺行為を完璧に隠蔽するためにネットワークを構築しました。

とある協定に基づいて相互補完し合う金細工屋の集団詐欺ネットワークです。どんな協定なのかというと、もし、何かあった時(具体的には金を預けている人たちが「預かり証」を持って一斉に金細工屋にきた時)に、お互いが持ってる金を出し合ってサポートしよう。

こうしておけば何かあった時に万が一にも大丈夫。確率論を逆手に取った、詐欺が絶対にバレない強固な仕組みです。この仕組みによって詐欺国際ネットワーク集団が結成されました。

この仕組みを構築することで100%に近い確率で詐欺がバレないようにしたのです。この仕組みを利用して金細工屋は堂々と「預かり証」を発行して勝手に創造することができるようになったのです。

しかも、この金細工屋の集団詐欺行為は当時王国も政府も全く知らなかったのです。これがお金誕生の黒歴史です。お金の一番最初は詐欺から始まったものだったんですよ。

銀行のはじまりの黒歴史

金細工屋が集団で詐欺を行なっている中、当時のヨーロッパは各国で戦争が勃発しました。戦争に勝つために兵士を雇用したり、強力な武器や兵器を作ったりと戦争をするたびに国や政府はお金が足りなくなります。

それでも、戦争には負けたくないので王国や政府は自分たちの所有いている土地や家を担保に金細工からお金を借りるようになりました。金細工屋は無限にお金が発行できるので当然お金を貸し付けます。

王国や政府さえお金を借りるとなれば信頼度が高まります。そして金細工屋は自らを銀行と名乗りました。この銀行の誕生と共に王国や政府はお金を創造することを放棄しました。そして、王国・政府御用達の中央銀行の誕生となるのです。

銀行が世界を支配し始める

ヨーロッパ各地での戦争は長年に渡って繰り返されてきました。近代化が進むにつれて使用する武器や兵器も高性能になってきました。当然値段もあがり、ますます戦争にはお金がかかるようになっていきました。

戦争が起こるたびに王国や政府は中央銀行からお金を借ります。借りまくります。そして返せなくなり、借金漬けになっていきます。中央銀行は担保にしていた土地や家を次々と取り上げていきます。

その時中央銀行は新たなことに気づいたのです。それは、お金を発行し続けると市場の様々の物の価値が上がるという現象です。

利息がついているお金、金(きん)と交換できるお金、そんなお金は購買力があります。利息のついたお金は必ず使われます。利息をつけてお金を貸し出すほど、人は物を買いまくります。そうすると、お金に対して市場のものの価値が上がります。

市場のものの価値が上がるだけ上がったところで今度はお金の貸し出しを急にストップするのです。するとどうなるかわかりますか?

すると上がった市場の物の価値は一気に暴落します。中央銀行はこの価値の操作を国家レベルで行うことができるのがわかったのです。これを中央銀行が使いこなせるようになったとき何をしたか?

お金を貸し出して市場の物の価値が上がる前に土地や建物やモノを買う。お金の貸し出しを急にストップさせて市場の土地や建物やモノの価値が下がった時に底値で買いたたく。これを繰り返していった結果中央銀行は世の中の全てを買い占めるようになりました。

こういう経緯で生まれたのがBIS(国際決済銀行)なのです。中央銀行の中の中央銀行、世界銀行の始まりです。これが銀行の始まりの黒歴史です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お金がどんどん増える人、たちまち減る人の15の特徴

銀行にお金を預けてもお金は増えない!今すぐお金を引き出して下さい!

株式相場のチャート

お金に関わる漢字には「貝」という漢字が含まれている

株式相場のチャート

30分でわかる経済の仕組み