初心者の株式投資日記6月14日 2018年

13日の米国市場で、連邦準備制度理事会(FRB)が政策金利の引き上げを加速するとの観測からダウ工業株30種平均が下落。14日の東京株式市場も売りが優勢となりました。

朝方の売りが一巡した後は値下がり銘柄を買い戻す動きもあった。しかし、午後には再び売り物が増えて、下げ幅を拡大する銘柄が相次ぎました。株価指数先物には大量の売りが出て、投資家心理がさらに冷え込みました。

市場では、米国の金利上昇について「好景気を背景としたもので、株式市場への打撃は一時的だ」と楽観的な声が聞かれている。反面、「世界的に株式を売って金利の高い米国債を買う流れが強まり、株価下落要因になる」と警戒する見方も出ています。

そんな本日の成績は+235円でした。ジュース代くらいにしかなりませんね。それでもマイナスになるよりは良いですし、0円よりも良いです。金額は少なくても毎日の積み重ねを繰り返して行く事が大事です。銀行に預けているよりはかなりの金利が稼ぐ事ができます。

「チリも積もれば山となる」昔の人はよく言ったもんです。たったの235円かもしれないが、これを毎日1年間(約240日)続けると56,400円になります。これを10年続けれると564,000円になります。その10年間に投資額が増えれば当然リターンも増えます。

毎日大事に稼ぐ事を考えましょう!朝起きてその日1日に収入が増える仕事はいくつあるかを自分に問いかけましょう。あればあるほど収入が増える可能性が高くなります。

6月の成績  6日間合計+12,642円

・6月1日(金)+2,510円/日給
・6月4日(月)+793円/日給
・6月5日(火)+7,090円/日給
・6月6日(水)+0円/日給
・6月7日(木)+1,304円/日給
・6月8日(金)+710円/日給
・6月11日(月)+0円/日給
・6月12日(火)+0円/日給
・6月13日(水)+0円/日給
・6月14日(木)+235円/日給

 

2018年の株式投資の成績 +258,779円

・1月 19日間合計+28,419円/月収
・2月 17日間合計+68,936円/月収
・3月 17日間合計+54,874円/月収
・4月 18日間合計+51,477円/月収
・5月 19日間合計+55,073円/月収

これまでの成績 +1,884,744円/収益総額

・2016年  +132,050円/年収
・2017年  +1,341,586円/年収
・2018年      +258,779円/年収

過去を振り返る

+19,317円。 毎日これくらい稼げれば、とりあえず生活できる 6月の成績 7日間合計:+62,855円/月給の詳細 ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初心者の株式投資日記5月22日 2018年

NO IMAGE

株式投資日記8月25日 2017年

株式投資日記 2017年のまとめ

NO IMAGE

株式投資日記10月26日 2016年

NO IMAGE

株式投資日記8月23日 2017年

初心者の株式投資日記6月13日 2018年