料理人におすすめの赤外線温度計3つ!!料理に、赤ちゃん用ミルクに、ペットの温度管理に幅広く使えます!

料理人におすすめの赤外線温度計

赤外線温度計とは?

赤外線温度計とは測定対象物に触れる事なく、温度を測る事ができる温度計です。非接触の温度測定をする事ができるので衛生管理の必要な食品や飲食業界では、主に赤外線放射温度計が使われる事が多くなってきました。

赤外線温度計使い方とは?

製品によって多少の違いはあるとおもいますが、大まかには一緒なので説明させていただきます。使い方は測りたいものに向かってレバーもしくはボタンを押して赤外線のレーザーを照射します。以上です。

それだけで、測りたいものの温度が吐かれるのです。あとは商品によって摂氏と華氏で測る事ができたり、長押しすると温度測定を固定できたりします。

ただし、注意が必要なものもあります。あくまでレーザーの接地面を計測するので、内部温度は測れません。水やお湯は液面の温度しか測れず、内部の温度は測れません。ローストビーフなども肉の表面の温度は測れますが、中まで火が通っているかまでは計測できませんのでご注意ください。

赤外線温度計の精度は?

赤外線温度計の精度はかなり正確です。だいたいプラス・マイナス1度前後の誤差くらいにしかなりません。ただし、赤外線温度計のレンズが汚れていたり、測定物までの距離が遠すぎたりするとその精度は狂ってしまうので毎日のお手入れと、正しい使い方を心がけるようにしましょう。

赤外線温度計を料理に使うメリット・デメリット

メリット

飲食店で赤外線温度計を使うメリットはやはり衛生面というのが大きいでしょう。従来の温度計では測定対象物に温度計を挿して温度を測っていいました。特に温度管理が必要な仕事というとチョコレートのテンパリングです。

その都度温度計を入れて温度を測ってというのは大変です。また、フレンチの飲食店ではコンフィという調理法があり長時間油で煮るものがありますがそれにも温度計が必要になってきます。

デザートと調理用と2本の温度計があればいいですが、ない場合は兼用しなければなりません。そうすると衛生的にもあまりよくないですが、赤外線温度計でしたら1台あれば、非接触なのでデザートにも調理にも兼用して使うことができます。

デメリット

デメリットは普通の温度計より価格が高いという事です。調理用の普通の温度計は500〜600円くらいで買えますが、赤外線の温度計は安い物でも2000円前後します。また、電池式なので電池代もかかる事になります。

飲食店で使えるおすすめ赤外線温度計3選

放射温度計 CT-2000D

  • 測定範囲:-30~+550℃
  • 分解能:0.5℃(-9.5~+199.5℃)、1℃(それ以外)
  • 測定確度:±2%rdgまたは±3℃のどちらか大きい方
  • 放射率設定:0.95固定
  • 測定エリア:10:1(例:100cm離れた距離に対し直径10cmの対象物を測定)
  • 寸法:約W42×H148×D105mm
  • 重量:約157g (電池含む)
  • 電源:9V形乾電池 ×1個
  • レーザークラス:クラス2
  • 生産国:台湾

操作がボタン(引き金)一つだけで、シンプルなのでとても良いです。
ボタンを押して、計測して離すとホールドするので、使いやすいです。

手軽に測定でき、リーゾナブルな価格でよかった。
反射率の設定が問題である。

妻が欲しいということで購入しました。
購入して良かったと言っています。

MYCARBON 赤外線温度計【非接触式 0.5秒高速検温】デシタル温度測定器 温度計 

  • 限定の黒色版】Mycarbon限定の黒色版非接触式温度計です。測定対象物を触れることなく、物体の表面温度がすぐ測定できます。非接触式温度計なので、食品業界に求められている衛生的な温度測定も可能です。
  • 【使用が超簡単】単四電池2本付きなので、受け取ったらすぐ使えます。電源スイッチもなく、引き金を引くだけで起動します。検温も0.5秒だけで早すぎ、そして温度数字が自動的にロックされます。バックライト付きの白地液晶画面が明るくて数字も大きく、暗いところでも読みやすいです。20秒操作がないとパワーオフになって省エネー。
  • 【幅広い用途】Max/Min/EMS/CAL 四種な機能。-50~+380℃ですので、工業用では、電気基盤、熱炉、焼却炉、熱いアスファルト、エンジンやタイヤ、各種機械、加熱・冷却装置、プール、水槽、液体や油などの高温、有害および接触できない目標物の温度測定できてとても便利です。家庭でも、湯や油の温度、料理や食品、グリル、冷蔵庫、テレビ、エアコンなど電気製品の温度も測定可能。
  • 【軽量で便利】異なる需要を満足できる非接触温度計です。起動時電池残量が見られます。コンパクトで軽量ですので持ち運びも便利です。
  • 【商品仕様】サイズ:93*43*150mm、重量:109g。使用バッテリー:単4電池*2本。検温範囲:-50~+380℃。 パッケージ:温度計*1、単4電池*2、日本語・英語取扱説明書。12ヶ月間品質保証をご提供いたしますので、不良品の場合お気軽にご連絡ください。

電源ポチしてトリガー握るだけ。
どこでも手に入る普通の電池で使えるのが購入の決め手。

乾球温度計と比較しても誤差は非常に少ないです。
露店32℃のとき測定値31.6℃。
その時日向駐車の自動車黒色インパネは85.4℃。
ちなみにその時の舗装路面は54℃。

とても良い製品でした。某ホームセンターや、工具店、最近は中古屋でもよく見かけますが、
こちらは新品でなおかつお手頃。

精度は分かりませんが、とても便利です。

レーザーポインター、バックライトなど、高級グレードに付いてそうな装備が手頃な値段で付いてきます。普通につかうならとてと便利です


バイクのタイヤ温度とか路面温度を知りたくてレース用は 5000円以上するし原理が同じようなので買ってみたら結構使える。
多少、誤差もあるでしょうけど家庭用程度なら問題ないのでは。
体温も手のひらでは低くなっちゃうけど耳にあてると結構体温に近い温度が。
気温も木の幹に当ててみるとか家の中の家具にあててみるとか、ペットとかなんでもある程度わかりますね。

以前、同様のものを購入しましたが、いつしか電源が入らなくなり、それっきりになりました。次は高くても日本製をと思っていましたが、こちらは、安価な上に、取説も日本語で、しかも、電池が短4なので、又壊れやすいかもと思って購入しましたが、この価格なら、壊れても後悔しないと思うし、今のところ、壊れそうにもないのと、手に持ちやすい形状で、なかなかいい買い物だったと思っています。

Blusmart 赤外線放射温度計 非接触デジタルレーザーIR赤外線温度計

  • 【広い測定範囲】測定できる温度範囲は-50°C〜550°です。料理の温度 、BBQ、空調設備、電気基盤、エンジンやタイヤ、各種機械、加熱・冷却装置、食品、液体や油、気体等の温度測定できます。
  • 【バイクライトLCD付き】バックライト付き液晶画面には、温度、バッテリステータスなどがはっきり表示できます。離れたところでいつでもどこでも安全・簡単・衛生的に温度測定ができます。暗所でも簡単に読み取れます。
  • 【高精度】 赤外線温度計を使用すると、すぐに結果を確認できます。 ビルトインレーザーは、測定したい正確な空間を正確に測定するのに必要な精度を提供します。
  • 【省エネルギー】 各操作後、バックライトは7秒以内に自動的に消えてエネルギーが節約できます。LCDバックライトが自動オフ機能を備えて電池の寿命を延長できます。低電量インジケータが搭載ため、ご利用中急に電池切れのことが防ぎできます。
  • 【安全使用注意】赤外線温度計は、測定したい対象物に引き金を離すとすぐ測定が完了します。 ご利用時絶対にレーザーを直接、または、間接的に反射面から目に向けないでください。レーザークラスは2です。

チョコレートのお菓子を作るときに温度管理がシビアなので
購入し、使ってみました。

押したあと1秒程度で測定が出来るので、
効率がかなり良くなりました。

あわよくば体温計の代わりになるんじゃないかと思いましたが、
商品説明欄に書いてある通り、
おでこに赤外線を当てても測定は出来ませんでした(笑)

お菓子作り以外にも、油の温度や哺乳瓶の中のミルクの温度等
用途はかなり広く使えそうです。


思いのほか小型で軽かった♪
説明書がなくても直感的に使えるがいざと言う時に詳しく使い方が分からないと困るので出品者に日本語の説明書がないか問い合せたところ早急に対応頂きすぐに送って貰えました☆
赤外線が出るのでどこに向いてるか分かるのでとてもいい商品です(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

ステーキを焼く時の鉄板の温度を確認するために購入しました。汁ものの時は、棒状の温度計を使用し、使い分けています。
これまで、フライパンの底にある印で判断していましたが、当然微妙な温度は分かりません。この非接触の温度計で的確に温度が把握でき、ヒレ、サーロインと焼き方を細かに調整しています。

爬虫類のために購入しました
海外製で何書いてあるか全然分かりませんが単純なので使いやすいです。ただ、いまだに他のボタンが何なのか分かりません…
熱帯魚の水槽にも使えるし、猫や犬もポインターを追っかけて遊びます
お値段以上○○○ですね

 

おまけ

飲食店向きではないですがおしゃれな赤外線温度計を見つけたのでご紹介です。

FLIR(フリアー) FLIR TG167 放射温度計 + 赤外線サーマルイメージ

  • 原産国:中国
  • 放射温度計とサーマルイメージを融合した新しい温度計 FLIR TG167
  • 測定温度範囲:-25~380℃
  • DS比:24:1
  • サーマルイメージ:80×60 FPA非冷却マイクロボロメーター
  • イメージ保存:MicroSDカードへビットマップ保存
  • 視野角:25×19.6°
  • 寸法:186 x 55 x 94mm

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カトラリー

ランチボックス・お弁当箱

プロが教える家庭で魚を焼くフライパンの選び方!!サイズや材質は何がいい?

鍋・フライパン