フランス料理の基本調理【ファルス】

フランス料理の基本調理【ファルス】

ファルスとは?

生または加熱した様々な材料を細かくすりつぶしたり、

細かく刻んで、調味して混ぜ合わせたものです。

 

肉や魚、野菜などに使い、

パテやテリーヌなどのベースにも使ったりします。

 

詰めるものによってスパイスや調味料を変えて、様々な詰め物に使われます。

パテ用ファルス farce à pate

仔牛や豚、家禽、ジビエの赤身肉豚の脂身を酒や調味料、

スパイスで調味し、細かく刻み、卵などのつなぎを加えて混ぜ合わせたものです。

 

主にパテやテリーヌに使います。

赤身肉と脂身の割合は作るシェフによって様々です。

ファルス・ムースリーヌ farce mousseline

白身魚、ホタテ貝、甲殻類、

鶏肉や仔牛肉などの白い肉を細かく刻むかすりつぶしたものに、

卵白や生クリームを加えて作る滑らかなファルスです。

 

スフレや詰め物に用いたり。

小さな紡錘形に成形して茹でてコンソメの浮き身にしたりします。

 

ファルス・ア・グラタン farce à gratin

鶏ののレバーでつくる滑らかなファルスです。

豚の背脂を使って、エシャロット、シャンピニオンと一緒にレバーをレアの状態に炒めてからすり潰して作ります。

クルトンに塗って表面を軽く焼き、ジビエなどの付け合わせにすることが多いです。

パナード panade

クネル用のファルスのつなぎに用いる、

小麦粉をベースにした混ぜ物です。

 

バターと水を合わせて、沸騰させ、小麦を加え、

火にかけてよく練りながら水気を飛ばして作ったものです。

 

デュクセル duxelles

刻んだきのこ類とエシャロットをバターで炒めて水分をしっかり飛ばしたものです。

主にシャンピニオンで作りますが、他のきのこを使うこともあります。

詰め物やソースの材料に使います。

 

ペルシヤード persillade

刻んだパセリとニンニクのみじん切りを混ぜ合わせたものです。

パン粉を入れることもあり、

背肉の表面にペルシヤードをつけてローストする「仔羊背肉のペルシヤード」などが有名です。

 

他にも、

半分に切ったトマトの切り口にペルシヤードをつけてローストする「トマトのプロヴァンス風」などの料理に使います。

業務用厨房機器の最安値で購入したい方はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フランス料理の基本調理【生地】

フランス料理の基本調理【エシレバターを使った合わせバター】

フランス料理の基本調理【ソース】

フランス料理の基本調理【デザート用クリーム・ソース】

RIZAP COOK結果にコミットのライザップの料理教室を徹底解説!!お得に入会...

フランス料理の基本調理【マリナード】