海外修行中に覚えたオマール海老のサラダのレシピと作り方

オマールサラダ

フランス料理ならではのオマール海老を使ったサラダです。

僕が海外修行中に教わったレシピです。

ぜひ参考にしてみてください。

オマールサラダ

分量

  • オマール   450gx4杯
  • 新鮮なバター  2かけ
  • ニンニク    4個
  • クローブ    適量
  • 塩       適量
  • ロケット    4握り
  • レタスの頭   4個

トマトコンフィ

  • 中型トマト
  • ニンニクのみじん切り
  •  バージンオリーブオイル10 cc
  • 砂糖大さじ1
  • ミニョネット

クラシックビネグレット

  •  バージンオリーブオイル 2 cl
  • レモン汁大さじ     2杯
  • クローブ        2つ
  • ニンニクのみじん切り
  • 塩           適量
  • ミニョネット      適量
  • プレーンヨーグルト   100g

オマールサラダの作り方


大量の沸騰した水を沸騰させる(20gの塩/1 l)。
水が沸騰し始めたところにオマールを入れる。


水が再び沸騰してから2〜3分ポッシェします。


ロブスターを取り出し、

氷水の塩水に浸して調理を止めます


冷えたら取り出し、

尻尾と頭を分けます。

ヘッドから小さなトング(他の準備のために予約されている)と慎重に脱皮された大きなトングを取り外します。
頭を半分に切り、粒状の袋を取り除く。

2つに割った 8つの頭と

8つの大きな爪と

4つの尾を保存します。

砂糖漬けトマト

オーブンを110℃に予熱します。
トマトをはがし、幅を半分にカットして取り入れます。
約1cmのサイコロを切って残りのトマトオーブンで4時間焼くようにしてください。
トマトの肉は、赤い色を失うことなく、収縮して味が増します。涼しくて予約しましょう。

クラシックドレッシング

クラシックドレッシング(ヨーグルトなし)の材料をボウルに入れ混ぜます。

100gのプレーンヨーグルトを加え、

ミキサーでよく混ぜます。

ボウルに注ぎ調味料で味を調えます。

サラダの葉を水で数回洗い、
数滴の酢を加えます。

にんにくをバターで温めてください。
脂っこいバターには、ロブスターの尾、尾、脱皮された皮を加えます。

火を強火にして、

ロブスターが加熱されるまでグリルします。

通常は2〜3分かかります。


同時に、

オマールの身もアロゼしながら火を入れます。

お皿は温めて起きましょう

この操作は高熱で行うことが重要ですので、2〜3回に分けて進める方が良いでしょう

サラダとトマトをクラシックビネグレットで合えます。

4つのプレート(またはプレート)の底に、

にんにくとクローブでソテーしたロブスターのピースを起きます。


サービングする直前に、サラダを加えてヨーグルトビネグレットを振りかける。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アイオリソース

マヨネーズ

プロが教える本格フォンドヴォーの美味しい作り方とコツを大公開

ベシャメルソース

プロが教えるポワブラードソースの作り方

グリビッシュソース