フランス料理の起源【タルト・タタン】

フランス料理の起源【タルト・タタン】

タルト・タタンの起源

タルト・タタン (Tarte Tatin) とは、

型の中にバターと砂糖でいためた(キャラメリゼ)リンゴを敷きつめ、

その上からタルト生地をかぶせて焼いたフランス菓子。

 

ひっくり返してリンゴの部分を上にして食べる。

 

言い伝えによると、

タルト・タタンが最初に作られたのは、

19世紀後半のラモット=ボーヴロン(現在のロワール=エ=シェール県にある町)にあるホテル『タタン』においてであった。

 

ホテルを経営していたのは、

ステファニーとカロリーヌのタタン姉妹であった。

 

有力な説によると、

タルト・タタンを作ったのは、

調理のほとんどを担当していたステファニーで、

彼女はある日余分な仕事をした。

 

彼女は、

伝統的なアップルパイを作り始めたが、

リンゴをバターと砂糖で炒めていたところ、

長く炒めすぎてしまった。

 

焦げるような匂いがしてきたので、

ステファニーは失敗を何とか取り返そうと、

リンゴの入ったフライパンの上にタルト生地をのせ、

そのままフライパンごとオーブンへ入れた。

 

焼けた頃にフライパンを出してひっくり返してみると、

ホテルの客に出しても良いようなデザートができあがっていた。

 

他に、「タルト・タタン協会」によると異説があり、

ステファニーが砂糖で焦がしたリンゴタルトを間違ってひっくり返してしまったという。

 

どちらにしろ、

ステファニーはオーブンから温かいままかつてない一品を客に出し、

新たな伝統菓子が誕生したのである。

 

タルト・タタンはホテル・タタンの看板菓子となり、

作り方はソローニュ地域に広まった。

 

レストラン経営者ルイ・ヴォーダブルが実際にソローニュへやってきてタルトを賞味し、

めでたくタルト・タタンは彼の超高級フレンチレストラン『マキシム』の固定メニューに加えられ、

そしてマキシムの名声とともに世界に広められた。

 

 

タルト・タタンは、

形の整ったリンゴ菓子でなければならない。

いためたリンゴがピュレ状になってはならない。

 

北アメリカでは、

タルト・タタンは、

アメリカン・スタイルのアップルパイに使われることのないゴールデン・デリシャス種のリンゴを使った物が典型的とされている。

 

タルト・タタンは、

洋ナシ、桃、パイナップル、トマト、タマネギなどの野菜や果物で作られることがある。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フランスの地方料理【オーベルニュ地方】

フランス料理の起源【カルパッチョ】

フランス料理フォンとジュの違いを徹底解説!フォンとは?美味しく作るポイントは?

フランスの地方料理【フランシュ=コンテ地方】

フランス料理の歴史【古代ギリシャ】

フランス料理の加熱調理【低温調理】牛肉、豚肉、鶏肉、鴨肉は野菜は何度で何分?丸わ...